通販の契約の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

通販におけるクーリングオフ

クーリングオフとはある種の契約を一定期間内であれば無条件で解除できる制度であり、訪問販売やマルチ商法など不意打ち性のある販売方法に対して消費者が一度頭を冷やして考え直す機会を与えるために設けられた。一般的に通販においては消費者が能動的に購買している為、電話勧誘販売を除きクーリングオフは適用されない。しかし、改正特定商取引法により通販事業者には返品の可否の明示が義務づけられているので、それに従った返品は可能である。返品に関する規定がない場合には、商品到着後から8日以内であれば返送料を消費者負担で返品が可能である。また、購入した商品に不具合や破損などがあった場合、注文と違う商品が届いた場合には、返品不可の商品であっても交換ないし返品が可能となる。

クーリングオフで安全にお買い物

期待して買ったけれど思っていたものとかなり違う・・・。これって結構良くある事ですね。店頭で買ってもそういう事はよくおきますので、通販だと更におきやすい事態と言えます。クーリングオフ制度とは、消費者が契約後一定期間内であれば一方的に契約を解除できる制度です。ですので、あいまいに決断して購入してしまった場合でも、改めて「やはり必要ない」と感じた際に対処できます。通販で商品を購入する際に、クーリングオフ制度があるかどうがを確認すると、こういう事態が起きた時に冷静に他所出来ます。この制度を利用すると、買った(契約した)商品の代金が戻って来ます。基本帝に購入(契約)後、8日以内である必要があります。